スカイエージェント ドローン 自動飛行システム

自動飛行支援システム

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構と(株)ゼンリンが、2017年6月2日に3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システムの実証実験を北九州市内の学校跡地にて実施しました。

 

実は、自律飛行による山間部や離島への物資の配送、災害時の対応活用ができるとみられ 実用化を目指す取り組みが各地でも行われています。

 

 

今回の実験では、実際の都市を模擬した環境として、学校跡地の校舎、樹木やフェンスなどを活用し、目的地までの安全なルート飛行、障害物や気象を判断回避して最適な飛行ができるか、バッテリー切れ時のトラブルに緊急着陸ができるか、安全行動の3つのケースを想定した検証を行いました。

 

多くのドローンが飛ぶ前提で、航空管制を誰が行うのか、山間部でドローンと通信緩和方式は何があるのか、などの多くの解決すべきことがあるなか、早期のドローン活用が期待されています。

 

 

 

課題が明確に見え始めている、ドローン自動飛行支援システム。

 

パイロットだけでなく、航空管制システムといった新な雇用も生まれそうです。

 

ドローンが飛び交う近未来はすぐそこまできていますね。

 

 

スカイエージェント ドローンビジネスの求人サイト

 

夢を叶えるドローン転職サイト【スカイエージェント】