スカイエージェント ドローン 保険

ドローン保険

ドローンには、どうしても墜落などの事故がつきまといます。
空を飛ぶものである以上、落ちるものという認識を持つ必要があります。どのような事故であっても、その事故の責任は操縦者が取らなければなりません。

 

ドローンの保険に加入し、万が一の事態へ備えるようにしましょう。

 

ドローン保険への加入は個人・業務に関わらず必須事項になっています。

 

ドローン保険の種類

個人加入の保険

ドローン保険の個人利用には、日本ラジコン電波安全協会のラジコン保険がありました。
保険金額(お支払い限度額)
1事故 1億円限度

 

自己負担額(免責金額) 
1事故 5万円
※賠償額から自己負担額を差し引いた額を保険金として支払われる

 

年間保険料 2年で4,500円

 

法人加入の保険

主な保険の内容として、機体に対する補償と第三者に対する補償との2種類があります。
@動産総合保険 
A施設所有(管理)者賠償責任保険 

 

 

法人向け保険

保険の名称や表現が保険会社によって異なる場合があります。

 

ドローン総合保証プラン (三井住友海上火災保険)

メーカー問わず該当ドローン(150Kg未満かつ保険金額10万円以上)なら加入可

 

@動産総合保険 保険金額30万円
A施設所有(管理)者賠償責任保険 1回の事故につき1億円(身体・財物共通)

 

年間保険料(@+A) 3万5000円

 

参考:引受アライアンス株式会社資料

 

 

ドローン専用保険(損害保険ジャパン日本興亜)

@動産総合保険 
保険金額20万円(自己負担2千円)
A施設所有(管理)者賠償責任保険 
1億円(自己負担なし)

 

年間保険料(@+A) 27,000円

 

参考:損害保険ジャパン日本興亜プレスリリース

 

 

ドローン保険(東京海上日動)

@動産総合保険 A施設賠償責任保険 

 

【プラン1】 
支払限度額対人・対物共通1億円(免責0円) 年間保険料(1機) 2万610円

 

【プラン2】 
支払限度額対人・対物共通3億円(免責0円) 年間保険料(1機) 2万6千640円

 

参考:引受アライアンス株式会社資料

 

 

他には、DJI保険(三井住友海上火災保険)がありました。
DJIユーザーが利用できる限定保険となっています。

 

 

夢を叶えるドローン転職サイト【スカイエージェント】