スカイエージェント ドローン 求人

ドローン犬

奈良県王寺町が、公式マスコット「雪丸(ゆきまる)」型のドローン「雪丸ドローン」を製作。大きさは中型犬ほどで、飛行時は4本足が散歩しているように動きます。
ドローンと合体した“空飛ぶゆるキャラ”は前例がないらしいです。

 

この雪丸ドローン、単独で着地ができません。すぐ壊れてしまう精密な構造とのこと。
この一機のドローンを扱うにあたり人手が3人も必要となります。
飛行時は、プロの操縦者と設計者、着陸時に真下から胴体を受け止める助手で3人。

 

町は今後の活用についてはは「検討中」と。
PR動画「雪丸散歩」(2分20秒)を制作して話題を呼ぶためだけだったということでしょうか・・

 

雪丸ドローンは全長71センチ、高さ42センチで、重さ約4キロ。
町が国の地方創生交付金1,600万円を使って製作してます。

 

 

CGでも良かったような気がしますが・・・
動画再生数が20万回超えで、広告換算による経済効果が4,000万以上だとか。
それは本当なのでしょうか・・

 

王寺町のホームページに、製作費が高すぎるという声がありました。
それにつき、製作費の内訳が簡単に掲載されていましたが、アバウトなものでした。
ドローン制作だけに、お金を使っているのではないということが言いたかったようですが、それにしても、やはり額に疑問を感じてしまいました。

 

他の自治体がこれを真似し、全国のゆるキャラがドローン化するのでしょうか?
個人的には、それはやめておいてもらいたいと願います。

 

他県では、元警察官の方が立ち上げたNPO法人で、人命救助のためにドローンを購入しています。ドローンを導入して約1カ月、自殺志願者をドローンで発見し保護しました。
今後もここでは、ドローンが人のために活躍してくれそうです。

 

個人活用でなら全く問題ありませんが、
今、ドローンをゆるい気持ちで活用する時代ではないように思いました。

 

 

夢を叶えるドローン転職サイト【スカイエージェント】