スカイエージェント ドローン 人命救助

ドローンで人命救助

ドローンは撮影やビジネスに注目されがちですが、海外では人命に関わる大きな指名を担い活躍しています。
DJIのレポートによると、ドローンは2013年より米国や中国などで18件、59名の人命を救助しているそうです。

 

日本でも各地で、災害時などに人命救助ができるドローンの開発、検証実験が行われています。2020年の東京オリンピックに導入することを視野に力を入れ始めてます。。

 

 

火災現場

ドローンに熱を感知するサーモカメラを搭載し、火災時の人命救助で、高熱の場所を特定しどこから突入すべきか、がれきなどに紛れている人の位置を確認しやすくなるなど、火災現場でのドローン導入を東京消防庁は検証実験を始めています。

 

熱に強く、炎の中でも入っていけるドローンもそのうち登場するのでは?

 

自然災害

山岳救助や山での遭難者を探すための実証実験などが行われています。

 

山での捜索救助は、日没前に捜索が終わってしまいますし、天候がわるければ捜索活動は中止されます。
夜や天候が悪い時にドローンが替わって捜索活動ができるようになるといいですよね。

 

 

ドローンで水没した家に人が残されていないかを調査したり、海や川など助けを待つ人を見つけ出すと、GPSの付いた浮き輪を落として、位置情報からに救助隊が救出に向かうといった実証実験が行われています。

 

ドローン活用した人命救助には、まだまだ課題がたくさんありますが、早く当然のように実用化されることを願うばかりです。
そのためにも、ドローンを上手く操縦できるパイロットの需要が増えるでしょう。

 

 

スカイエージェント ドローンビジネスの求人サイト

 

夢を叶えるドローン転職サイト【スカイエージェント】