スカイエージェント ドローン 農業

農業

小型ヘリコプターによる農薬散布など、いち早く先端技術を取り入れてきた農業分野。
日本の農業現場は、就農者の高齢化や就農人口減少が年々問題となっています。
その課題を解決するためにも、最先端ドローンを組み合わせた農業の取り組みが注目されています。

 

農作物の育成

農薬散布だけでなく、農作物の育成状況のチェックにもドローン活用されてます。
効率的に栽培と収穫をするために、ドローンを活用して成長過程を管理する農家が増えています。

 

茶畑の例でいえば、茶の等級は、摘む時期により変わります。ドローンで空撮して知見ある人が、映像や画像から色合いをみると、どこを摘めばよいとか時期が把握できて、良いタイミングで摘めれば茶の等級が上がって収入が増えます。これは見回りにドローンを活用したケースです。

 

 

ある、ぶどう農家では、日当たりや風当たりをよくするために枝をカットする「剪定」という作業にドローンを取り入れています。

 

ぶどうの枝を見上げ歩き回りながら、1本1本確認していくのは大変な作業です。そこでドローンで撮影した映像や画像から日の当たり具合などをチェックし、一定の基準で短時間に剪定できるようになりました。

 

 

 

精密農業

農業を熟練された従事者の経験と、若年従事者がデータ分析と管理ができるといった時代の差が効率のよい新しい農業を作っています。
山間の農地で、大きな問題である獣害対策においても、ドローン活用が見込まれてます。赤外線カメラや光源装置、マイクを活用して害獣を追い払うといった試みです。各地の猟友会との連携で害獣の生体把握を行うためにドローンを導入する動きもあります。

 

 

スカイエージェント ドローンビジネスの求人サイト

 

夢を叶えるドローン転職サイト【スカイエージェント】