スカイエージェント ドローンパイロット

需要

今がチャンス

調査会社シード・プランニングによると、ドローンの機体とサービスの国内市場規模は、2015年の38億円から、2020年には634億円にも拡大すると予測しているようです。サービス分野が伸び、2020年時点で市場規模の83%を占める見通しとも。

 

 

また、産業用ドローンの国内市場規模は、2014年の16億円から2020年に186億円に拡大と予測しています。

 

その中で、ドローンを操縦し、撮影や測量を行なうパイロットが今後より多くの雇用が生まれる可能性があります。そのため、今からドローンパイロットとして実績を積んでいくことで、急拡大が期待される市場にいち早く参入することができると見込まれます。

 

市場が成熟した時点で「この仕事は稼げる!」と気づいた時は、パイロットとして仕事に就くことが困難になっていると予想できます。誰よりも早く始めることによって、有利なポジションを確保できる可能性が高まります。

 

 

スクール選びは大切

ドローン飛行のスキルと認定証を手に入れ、ドローンパイロットとして活動を始めようにも、個人でクライアントを開拓することは、なかなか難しいことです。

 

実際の仕事につながるコネクションを持っているスクールを卒業することは、収入に直結しやすいので、スクール選択をする際の重要なポイントになります。また、スクール卒業生の中に、実際ドローンパイロットとして活躍している人が多いスクールも有利であると考えられます。

 

ドローンパイロットの認定証

ドローンパイロットの認定証は国家資格ではなく、飛行に際して取得が義務づけられているものでもありません。しかし、プロのパイロット活動には、自分のスキルを客観的に証明するものとして取得されていた方が望ましいです。
そのため、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)の『操縦技能証明証』か『安全運航管理者証明証』、DPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)の『技能認定証』のいずれかを発行できる認定を受けたドローンスクールを選ぶことをおすすめします。

 

 

スカイエージェント ドローンビジネスの求人サイト

 

夢を叶えるドローン転職サイト【スカイエージェント】

関連ページ

レベルをあげるには
国内初の ドローン業種専門の人材派遣・紹介サイト ドローンが好き!この業界に携わりたい方への転職サイトがあります。