スカイエージェント ドローンパイロット

これからのドローンパイロット

日本ではドローンパイロットが少なく、今後ますます期待される需要に対して、供給が追い付けてないのが現状のようです。

 

国内で腕の立つパイロットは100人も居ないようで、そこにドローンを活用した空撮依頼が集中してしまっているため、報酬単価は高まっており、高額ケースでは空撮1本で50〜100万円にも及んでいるそうです。

 

パイロットが売り手市場になっているドローン業界は、就職、転職先としての可能性は広がっています。
しかし、経験浅い人が仕事にするためには、何が必要となってくるのでしょうか。

 

 

稼げるパイロットの条件

100時間以上の操縦実績がプロと認められる一つの目安になっています。

 

例えば、現場が車道や歩道と隣接していたり、一般人が居るような場合、落下や衝突事故を回避するコースを選択し実行できるか。
また、突然に機体トラブルで落下しそうになった場合、何処に機体を落とせば安全かを即時に判断実行できるかが、現場で一番必要とされる点です。

 

そのためには、ドローンのモーター音からトラブルの兆候を察する能力、不具合時のメンテナンス技術も必要となってきます。

 

稼げるドローンパイロットになるためには、とにかく実践で技術向上を積み上げていくしかないのですが、飛ばせる機種、場所、時間帯が厳しく制限されている日本国内では、ドローンパイロットの練習の場不足を招き、技術を磨きにくい環境となっているのが実情。

 

 

レベルアップ対策

ミニドローンで自主練

重量200g以下のミニドローン。これなら自宅の庭や屋内でも飛ばせられます。
実は商用ドローンより難易度が高いそうで、操作技術を高めるには良い方法。

 

スクールを利用する

屋内練習場を利用させてくれるスクールがあります。

 

空撮サービスの会社に入社する

今、この業界では若くて新しい人材が求められています。若い人がチャレンジしたら、それはとても近道です。

 

 

スカイエージェント ドローンビジネスの求人サイト

 

夢を叶えるドローン転職サイト【スカイエージェント】

関連ページ

需要
国内初の ドローン業種専門の人材派遣・紹介サイト ドローンが好き!この業界に携わりたい方への転職サイトがあります。